« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

薬用シャンプーもずぼらな私には・・

今、いい育毛のための薬用シャンプーがでているようですが、
シャンプーで出来るので ずぼらな私には薬用シャンプー は結構いいです。

頭皮ケア、ヘアケアはお肌と同じ。毎日続けていないと
効果がないのかもしれません。

その点、シャンプーは毎日するわけですから
薬用シャンプーはそういった継続性ということで便利です。

まあこんな状態になっても
そんな呑気なことを言っているのですから
薬用シャンプーをいつやめてしまうかわかりませんが、とにかく続けてみます。

特に薬用シャンプーにしても育毛剤にしても
毎日使うものですからやはり信頼のおけるもの、
頭皮にやさしいものじゃないといけないと思います。

薬用シャンプー、育毛剤でへたをすると逆効果・・・
なんてことにならないためにも
慎重に選ぶべきなのだろうと思いますが・・・・。

産後 抜け毛ですが・・・

産後の抜け毛については男性である私には分からない部分がおおいのですが
シャワーを浴びているときにごっそりと抜けて・・なんて方も
いらっしゃるようです。

産後の抜け毛の大部分の理由としては
妊娠中に女性ホルモンが増大するため
毛髪の延命につながっている・・ということらしいのです。
本来なら抜け落ちてしまうはずの髪が女性ホルモンの影響で
そのまま元気に残ってしまい、
産後女性ホルモンが正常にもどった途端、残っていた髪が抜け落ちてしまう。

産後の抜け毛も考え方によっては自然現象なのでしょうが
ゴッソリ抜けてしまうととにかくビックリしてしまうのも人情です。

ほとんどの方が出産後6ヶ月ぐらい経過すると
もとのように戻ってしまうらしいのですが
そのショックで精神的なストレスを抱え込み逆に悩んで
抜け毛が増えてしまう・・ということもあるようです。

また胎児に栄養を取られてしまうため髪に影響することも
あるようですし、こうなるとなんらかの処置が必要なのかもしれませんね。

産後の抜け毛、女性って大変ですよね・・・。

とにかく 対策、やらないよりはやっておいた方が絶対ましです。

薬用育毛剤って、

薬用育毛剤って、、、いろいろあるんですねぇ、

ところで、育毛剤 個人個人の体質によって左右されるとか。
薬用育毛剤を使ってみたモニターさんの実験 臨床実験等いろいろあるようですが
薬用育毛剤に効果があるのかどうか ちょっと疑問も残ります。
また話によると たとえば薬用育毛剤で逆に脱毛促進なんて・・・

そんなことはめったにないでしょうけど やはり
薬用育毛剤が体質に合わない事だってあるはずですよね。

薬用育毛剤の人気商品にはそれなりの理由があるはずですが
薬用育毛剤が自分に合う合わないの見極めをどうするか・・をはっきりしないと
やっぱりコシがひけてしまいます。

それで助かるのが
薬用育毛剤のトライアルキットだったり サポートがついてたり
満足いかなければ全額返金します・・っていう内容。

こんなサービスを利用して
薬用育毛剤をとりあえず試してみるのも1つの手ですよね。

髪の量が少なくなってくると

男性の場合は髪の量が少なくなってくると
なんとなくわかりますよねぇ。
だけど後ろの方になるとあまりよくわかりません。
でもご安心ください・・・・・
こういうときは周りの人が黙ってません。

最初はみんな 最近ちょっと・・ねぇ・・って、冗談交じりに言ってたのが
そのうちその話題にふれなくなるようになってくる。
気をつかってもらっているんだろうと思っているのですが
こうなってくると やはり妙に居心地が悪いものです。
また、○○君も苦労しているみたいだなぁ・・・なんて 遠まわしに言われると
よけいに傷ついたりして・・・・。

気を使わないのは自分の子どもたちと奥さんだけ。
ますます ひどいじゃない・・
なんていわれると こんにゃろう・・とは思うもののそのうち慣れっこになったりして。

でも同時に

発毛 効果 方法を探しちゃおうかなぁ・・と思っちゃいます。

ロマンスグレー

ある程度年齢を言って白髪になることは仕方がないと思うし
ステキな灰白髪の方をみると逆にいいなぁと思ってしまうこともあります。

髪の毛の色はメラニンによるものだそうなのですが
色が灰色から白くなっていくこの現象、現在では遺伝によるものが
多いといわれているようです。

白髪はこのメラニンが毛根で生産をやめたあとも
新しい髪が伸びるため色素なしの髪がでてくる つまり 白髪になってくる
仕組みで 年をとってくると その色素をうみだす細胞がなくなってくるため
のようです。

抜け毛 対策 予防には
昔から昆布がいいとか海苔がいいとかいわれていますが
実際効果の程は明確ではないし 栄養サプリメントについても
有効な手段にはなりえてないようなのですが、最近の研究では
有効と思われる事例がおもいもよらないところからあったりもするようで
遠くない未来、特効薬がでてくるかもしれませんね。

とにかく髪があればロマンスグレーというのも格好いいのでしょうけど・・・。

10円ハゲ・・っていわれてましたっけ

そういえば私も子どものころ円形脱毛になったことがあります。
なんか10円ハゲ・・っていわれてましたっけ。。。
ちょっといじめられた記憶もあります・・・・・。

脱毛の原因ってなかなかはっきりしないことが多いのですが
一説にはアレルギー性のものではないかと言われていますし、
ストレスによるものとも言われているようです。
実際にストレスを及ぼしていた原因を排除すると
円形脱毛が完治することが多いということです。
ただアレルギー性とみられるものについてはなかなか
完治することが難しいとされているようで ここが問題なのですが
特に若い年代で発症する方が多いといわれています。
心配なのは やはり脱毛という事実以上に人間関係に影響を及ぼすことで、
精神的なショックを受けてしまうことにつながるため
周囲も気をつかわずにおれないでしょうし、こうなると
特に効果のある円形脱毛 育毛剤っていうのがあればいいのになぁ・・と思っちゃいます。

ヘアケアについては

私なんかあんまり関心がなかったのですが
自分がこんな状態になってくるとやっぱりやってればよかった・・と思うのはヘアケア。

色々聞いてみると 口コミでも
ヘアケアについてはこれまで昔からの伝承や科学的方法まで
色々な情報が飛び交っている状態です。

髪の毛自体の問題となると
髪の毛を構成している一番外側、キューティクルによる損傷が多い
ということは間違いようなのですが、
ヘアカラーやパーマ・ドライアーなどのやりすぎで
キューティクルに隙間が生じたり剥離したりするため、
髪のツヤがなくなったり
保護していたキューティクルがなくなっちゃった・・というのが原因のようです。

保護しているものがなくなると直接ダメージを受けることになるわけで
髪の毛の内部がその影響をうけて抜け毛等の原因に
なってしまう・・・という仕組みです。

そういった意味でヘアケアはとても大事なのですが、
髪の生えている土壌、つまり頭皮も手入れしてやらないと
キューティクル、キューティクルといってても枯れ果ててしまうだけです。

植物のイメージが髪のイメージにぴったりなのですが
豊かな土壌に育ったものは強い生命力を維持しています。

外部からの損傷を防ぎ 内部の力を強化する・・
最終的にはこれに尽きるはずです・・・。

ヘアケア 頭皮ケア 口コミの情報をいろいろあつめてみましょう。

元気な髪になればいいですね。

発毛 効果 方法

男性の場合は髪の量が少なくなってくると
なんとなくわかりますよねぇ。
だけど後ろの方になるとあまりよくわかりません。
でもご安心ください・・・・・
こういうときは周りの人が黙ってません。

最初はみんな 最近ちょっと・・ねぇ・・って、冗談交じりに言ってたのが
そのうちその話題にふれなくなるようになってくる。
気をつかってもらっているんだろうと思っているのですが
こうなってくると やはり妙に居心地が悪いものです。
また、○○君も苦労しているみたいだなぁ・・・なんて 遠まわしに言われると
よけいに傷ついたりして・・・・。

気を使わないのは自分の子どもたちと奥さんだけ。
ますます ひどいじゃない・・
なんていわれると こんにゃろう・・とは思うもののそのうち慣れっこになったりして。

でも同時に

発毛 効果 方法でも探しちゃおうかなぁ・・と思っちゃいます。

抜け毛は女性にとって

抜け毛は女性にとって非常に切実な問題だと思います。
もともと頭髪は女性ホルモンの影響を受けてますので
抜け毛や脱毛が問題になることはあまりないはずなのですが
ストレスや出産などにより髪が抜けてしまうことも多いようです。

出産後の抜け毛は女性ホルモンの分泌が正常に戻る6ヶ月程度で
回復されることが多いようですが
胎児に栄養を取られて抜け毛が多くなったり
産後抜け毛でびっくりしてストレスで抜け毛が多くなったりすることもあるようで
日頃の頭皮ケア等が必要なのはいうまでもありません。
抜け毛 女性も男性も悩みの種です。

薬用育毛剤

何かで読んだのですが、こ・ん・な・おじさんだけではなく
最近は10代20代の方が抜け毛に悩んでいらっしゃるということです。
特に20代以上の男性の場合、その80%の??が抜け毛に悩んでいるというのですから
これちょっと驚きじゃないですかぁ。
その証拠にあるメーカーの育毛剤の年代別の購入状況をみてみると
20代30代の方で60%以上をしめているのですから
その話もまんざら嘘ではないようです。

色々な原因が考えられると思いますが
食生活も大きく影響しているでしょうし 精神的なものからくることも
考えられると思います。

しかしこうなってくると のために頭皮ケアやヘアケアといったことを
毎日おこなうことが必要になってきますよね。
自分にあった頭皮ケアやヘアケアの方法を早く見つけておいた方がいいかもしれません。
また普段から 薬用育毛剤のお世話にでもなりますか。

ところで余談なのですが
購入年代別のデータをみてみると年代があがるにつれて
その割合も小さくなってくるようです。

抜け毛 髪のトラブルは女性にとって

コレばっかりは男性である私には分からない部分がおおいのですが 女性の場合、
があって 時としてシャワーを浴びているときにごっそりと抜けて・・なんて方も
いらっしゃるようです。

抜け毛 髪のトラブルは女性にとっては大問題。
男性の場合 AGA(男性型脱毛)っていうのが多くて(わたし・・わたし・・) 
これはヘアサイクルが短くなることによる軟毛化で、でも必要ということでしょうけど
たとえば女性特有といえば産後の抜け毛。
この産後抜け毛っていうのは やはり子供を生む・・という大変な出来事による
女性ホルモンの影響によるものらしいのです。

妊娠中は女性ホルモンが増大するため
毛髪の延命につながっている・・のですが つまりこれは
本来なら抜け落ちてしまうはずの髪が女性ホルモンの影響で
そのまま元気に残ってしまっているため
出産後女性ホルモンが正常にもどった途端、残っていた髪が抜け落ちてしまうという仕組みらしいのです。

考え方によっては抜けるべきものが抜けてなかっただけ・・ということで 自然な流れなのかもしれませんが
一挙に抜けてしまうととにかくビックリしてしまうのも人情です。

ほとんどの方が出産後6ヶ月ぐらい経過すると
もとのように戻ってしまうらしいのですが
そのショックで精神的なストレスを抱え込み逆に悩んで
抜け毛が増えてしまう・・ということもあるようです。

また胎児に栄養を取られてしまうため髪に影響することも
あるようですし、こうなるとなんらかの処置が必要なのかもしれませんね。

抜け毛 髪 女性って大変ですよね・・・。

とにかく 抜け毛対策、やらないよりはやっておいた方が絶対ましです。

髪 太く 育毛 発毛

もともと昔から髪の毛が細くてやわらかだったと思います。
髪が太くてたわしみたいな頭髪の方をみると
うらやましいな・・と思う一方で セットが大変かも・・なんて思ってました。
しかし今となっては
髪太く育毛発毛ができたらいいな・・と思っているわけです。
土壌の状態があまり良好でない場合は、細くて弱弱しい植物しか
生えないのと同じように、
頭皮の状態があまりよくない場合には、弱弱しいすぐ抜けてしまいそうな
髪の毛しかはえないのかもしれませんね。
髪太く育毛発毛したいのならやはり
頭皮の改善・・・が1番の課題ということになりますでしょうか。
髪太く育毛・・・まあ、弱弱しくて産毛のような毛でも
とりあえずは生えてほしいのですが・・・。

育毛剤 M-1

最近よく見かける育毛剤 育毛ミストM-1ですが
育毛ミストM-1の着目点は頭皮です。
植物がやせた土地に生えないように
頭皮が乾いてたりすると 髪の毛も生えてこないというのは
なんとなくうなづける話です。ですから
頭皮=土壌の考え方から元気な毛髪が生えるためには頭皮の状態を改善し
そして良質な環境に変えることに力を入れているようです。
育毛ミストM-1の場合は抜け毛、薄毛に悩む方のために、
長年の酵素研究から生み出された3つの世界初がそれを可能にしたとしています。
育毛剤 M-1は全額返金保証がついてるようですから
ちょっとお試し感覚でためしてみることもできるようです。

育毛 シャンプー ランキング

抜け毛の原因のひとつにシャンプーの問題があります。
育毛シャンプー ランキングもそういった意味でよく参考にされているようです。

育毛シャンプーではないその他のシャンプーの場合、
シャンプーで頭髪を洗っているつもりが頭皮の皮脂まで洗い落としてしまっていて
結局 育毛には大敵の乾燥し、髪が抜け落ちてしまうこともあります。また、
シャンプーで特につめをたてて洗うなんてご法度で
頭皮にキズをつけてしまう可能性もありますので要注意のようです。
シャンプーで汚れだけを落とすはずが、必要なものまで洗ってしまう・・・。

・・・・しかし あれ・・・って気持ちいいんですけど・・・。

また逆にきれいに洗いおとされずにシャンプーがそのまま残り、
頭皮にそれが積み重なってダメージを与えてしまうことだってあります。

いずれにせよ、抜け毛 防止、頭皮ケアのポイントは頭皮を洗うことにあるようですね。

育毛シャンプーもそんなことで売れているのかもしれません。
育毛シャンプーランキングでも参考にしてください。

産後の抜け毛って

産後の抜け毛、人によってはおこらない方もいらっしゃいますが、
産後の抜け毛は、普通産後2~3ヶ月で抜け毛、脱毛が起こるといわれています。 

産後の抜け毛は女性にとって大きな問題ですが、
大きな理由としては、妊娠中に女性ホルモンが増大するため、
抜け毛というか、自然に抜け落ちてしまうはずの髪の延命効果につながり
産後 女性ホルモンが正常にもどった途端、残っていた髪が抜け落ちてしまう。

これが理由とすると
産後の抜け毛というのは自然現象・・といえると思いますし、実際、
ほとんどの方が出産後6ヶ月位経過すると元のように戻るようです。

産後の抜け毛として考えられる理由はこれだけでなく
胎児に栄養を取られてしまうことで髪に影響があったりすることもあり、
育児での精神的ストレス、また抜け毛自体に悩んだりすると 逆に
抜け毛、脱毛がすすんでしまったりすることがあることも事実のようです。

抜け毛 女性

女性にとっての発毛の話は非常に切実な問題だと思います。
だって昔から 髪は女性の命・・っていわれていますものね。

もともと頭髪は女性ホルモンの影響を受けてますので
そんなに抜け毛や脱毛が問題になることはあまりないはずなのですが
ストレスや出産などにより髪が抜けてしまうことも多いようです。

とくに産後の抜け毛、出産後の脱毛については、
は女性ホルモンの分泌が正常に戻る6ヶ月程度で
回復されることが多いようですが

胎児に栄養を取られて脱毛までいたったり
産後脱毛でびっくりしてストレスで抜け毛が多くなったりすることもあるようで
こうなると日頃の頭皮ケア等が必要なのはいうまでもありません。

もしどうしても・・という場合のために
抜け毛 女性についても調べておいたほうがいいかもしれませんね。

抜け毛の原因のひとつにシャンプーの問題があります。

抜け毛の原因のひとつにシャンプーの問題があります。
頭髪を洗っているつもりが頭皮の皮脂まで洗い落として
乾燥し、髪が抜け落ちてしまうこともあります。
特につめをたてて洗うなんてご法度で
頭皮にキズをつけてしまう可能性もありますので
要注意のようです。
汚れだけを落とすはずが必要なものまで洗ってしまう・・・。

・・・・しかし あれ・・・って気持ちいいですよねぇ。

また逆にきれいに洗いおとされずにシャンプーがそのまま残り、
頭皮にそれが積み重なってダメージを与えてしまうことだってあります。

いずれにせよ、抜け毛 防止  頭皮ケアのポイントは頭を洗うことにあるようですね。

育毛シャンプーもそんなことで売れているのかもしれません。
育毛シャンプーランキングでも参考にしてください。

抜け毛対策として

抜け毛の1つの要因としてストレスがあげられます。
特に円形脱毛などアレルギーによるものもあるようですが
中にはストレスでなる方のいらっしゃるようです。

ですから抜け毛対策として
ストレスの原因となっていることを取り除くと円形脱毛が回復する事例もあるそうです。

特に変化の時期は抜け毛が多い・・だってストレスありますもの。
・・・なんて言えるかもしれませんね。

発毛方法が簡単にわかればいいのですが
やはりその前に抜け毛対策ですよね。

抜け出してびっくりしてまたそれでストレスを感じるなんてことのないように
抜け毛対策として普段から頭皮ケアヘアケに越したアをしておきましょう。

私の場合 こうなってくると発毛方法をやっきになって
探しているような状態ですが、抜け毛対策としては 上記のストレスだけではなくて
生活習慣とか食事とかいろいろな要因もあるでしょうから
発毛方法、抜け毛対策としては 生活全般を見直してみることも必要・・かもです。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ