« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

色々な育毛剤 発毛剤です

色々な育毛剤 発毛剤の広告を見てみると
その着目点というか 方法は共通点があるようです。
①まずどうやって髪が生えやすい環境をつくり発毛を促進させるのか
②どうやって毛周期を長くし 抜け毛をおさえていくのか 
みたいな感じです。
とくに毛根が深いためどうやってそのオクの組織まで有効成分を浸透させるのか
いろいろな育毛剤 発毛剤によってそれぞれの特徴があるようです。
分子レベルの話だったり たんぱく質の話だったり 色々あるようですが
とにかく色々な形で研究されているのには驚きます。
そして抜け毛防止のキーワードは これもたんぱく質の話もあるのですが
やはり頭皮 乾燥 保湿性ということが一番のように感じられました。
かさかさの砂漠には草木もはえない・・・ということでしょうか。
その成分が人によって有効かどうか 結局ひとそれぞれだと思いますから
のためにちょっと試してみる必要はあるかもしれません。
========================
========================

頭皮を乾燥から防御

髪を元気に保つためには、頭皮ケアが大事。
一番気をつけなければならないのは、乾燥。
砂漠に草木が生えないのと同じように 頭皮が乾燥している状況では
どうも髪も生えずらく 抜けやすくなってしまっているようです。
男性の場合は、過度の洗浄で
必要な皮脂まで除去してしまうことが多く
そうなってくると乾燥しがち。
また、逆に女性の場合は
もともと皮脂の分泌が少ないので
頭皮が乾燥しがち。
それに加えて 加齢により
ただでさえ乾燥しがち。。
ということなので、頭皮の乾燥予防を
こころがける必要があります。
抜け毛、薄毛の原因の多くが
そこにあることを考えると
頭皮ケア 乾燥 方法について
いろいろな方法が考えらますが思いますが、
とにかく普段から地道に取り組んでいくしかないかもしれのせんね。
抜け出してからでは遅い・・なんかのコマーシャルだったかもしれませんが
まさしくその言葉通りだと思う今日この頃です。
それでこんな育毛剤もあります。
=================================
=================================

髪の毛の脂を落としすぎないで

学生の時、
借りていたアパートにお風呂がなかったので
お風呂にに入るためには、

駅前にある銭湯まで
通わないといけませんでした。

自転車で約10分、

夏場はすずしくて快適だったのですが
冬場は寒くてそこまでいくのが億劫になりました。

からだの方は汗もかかないので
そんなに気にはならなかったのですが

やはり髪の毛は気にかかる。

お金もなかったので
安いシャンプーを買ってきて

シャンプーがないときは牛乳石鹸で
頭を洗いました。

給湯器でお湯もでましたから
なんとかあらえましたが

寒いので中途半端にすすいでいたのも事実です。

シャンプーがきれいに落ちていないと
それが頭皮に残ってきて

毛穴が呼吸できなくなる。

もともと髪の毛が細いほうだったのが
ますます悪い方へいったような気がします、

これも思い当たるふしの一つ。

でも若かったから

すぐにどうこうなかったのかも。

===========================================
髪の毛の脂を落としすぎないで
===========================================

抜け毛予防 脱毛対策

こ・ん・な・おじさんだけではなく
最近は10代20代の方が抜け毛に悩んでいらっしゃるということです。

特に20代以上の男性の場合、
その80%の??が抜け毛に悩んでいるというのですから
これちょっと驚きじゃないですかぁ。

その証拠にあるメーカーの育毛剤の年代別の購入状況をみてみると
20代30代の方で60%以上をしめているのですから
その話もまんざら嘘ではないようです。

色々な原因が考えられると思いますが
食生活も大きく影響しているでしょうし 精神的なものからくることも
考えられると思います。

しかしこうなってくると のために頭皮ケアやヘアケアといったことを
毎日おこなうことが必要になってきますよね。
自分にあった頭皮ケアやヘアケアの方法を早く見つけておいた方がいいかもしれません。

余談なのですが
購入年代別のデータをみてみると年代があがるにつれて
その割合も小さくなってくるようです。

これって・・あきらめ・・・・かもね。
(大きなお世話だょぉ)

=======================
抜け毛予防 脱毛対策
=======================

ストレスと抜け毛

ストレスって誰でもあることだし
適度なストレスは何か物事をやるとき必要だと
聞きますが

あんまり多くのストレスを抱えると
ストレスにより色々な場所にその影響が出てきます。

それは精神的な部分にとどまらず
お肌などにその影響がでることもあります。

ストレスの解消法なんて結構はやっていますが
とにかく自分なりの方法を見つけることが
大事なんだとは思います。

体を動かすことでストレスを発散したり
お酒をのんで 歌をうたったり・・などもありますが

ちょっぴり生産的な方法があれば・・なんて思っています。

抜け毛の原因のひとつにこのストレスがあります。
ひどい部分的脱毛でもストレスの原因を取り除くことで
快方に向かうこともあります。

シャンプーの時、抜け毛が多いなぁ・・なんて
思われたら ちょっとストレスのことも
考えてみられてはいかがでしょうか。

でも それがまた、ストレスになるとやぶへびですが・・・。

=========================
ストレスと抜け毛
=========================

太い髪と健康な頭皮で

もともと昔から髪の毛が細くてやわらかだったと思います。
髪が太くてたわしみたいな頭髪の方をみると

うらやましいな・・と思う一方で 
セットが大変かも・・なんて思ってました。

しかし今となっては
髪太く育毛発毛ができたらいいな・・と思っているわけです。

土壌の状態があまり良好でない場合は、細くて弱弱しい植物しか
生えないのと同じように、

頭皮の状態があまりよくない場合には、弱弱しいすぐ抜けてしまいそうな
髪の毛しかはえないのかもしれませんね。

髪太く育毛発毛したいのならやはり
頭皮の改善・・・が1番の課題ということになりますでしょうか。

髪太く育毛・・・まあ、弱弱しくて産毛のような毛でも
とりあえずは生えてほしいのですが・・・。

========================
太い髪と健康な頭皮で
========================

色々育毛剤 発毛剤

色々な育毛剤 発毛剤の広告を見てみると
その着目点というか 方法は共通点があるようです。
①まずどうやって髪が生えやすい環境をつくり発毛を促進させるのか
②どうやって毛周期を長くし 抜け毛をおさえていくのか 
みたいな感じです。
とくに毛根が深いためどうやってそのオクの組織まで有効成分を浸透させるのか
いろいろな育毛剤 発毛剤によってそれぞれの特徴があるようです。

分子レベルの話だったり たんぱく質の話だったり 色々あるようですが
とにかく色々な形で研究されているのには驚きます。

そして抜け毛防止のキーワードは これもたんぱく質の話もあるのですが
やはり頭皮 乾燥 保湿性ということが一番のように感じられました。

かさかさの砂漠には草木もはえない・・・ということでしょうか。
その成分が人によって有効かどうか 結局ひとそれぞれだと思いますから
のためにちょっと試してみる必要はあるかもしれません。

========================
色々育毛剤 発毛剤
========================

抜け毛に対応!!育毛シャンプー

抜け毛に育毛シャンプー、育毛剤というのは、今や、常識。
やばっ!と思ったら即対応すれば一安心です。

あなたが、そのうち減るだろうとほおっておくと
抜け毛は減るどころか、
排水溝にたまるのが目に見えてきます。

たしかにそうなのです。

しかし問題は

ちょっとあやしい製品、間違った商品を選択すると
あなたの抜け毛の数が減らないだけでなく、
逆に髪の毛が抜けてしまうことも実際におこっているようです。

育毛シャンプー、育毛剤で髪が抜ける??

ちょっと笑うに笑えない話ですよね。

その原因として、個人差もあって おなたに合う合わない・・
ということもありえるのでしょうから

そうなってくると 
あなたが、どの育毛シャンプー、育毛剤を選んだらいいのかわからない。

おまけに

育毛シャンプーにしても、育毛剤にしても
値段も結構高いので あれこれ試してみることもできない。

というジレンマに陥ります。

そこでこのサイトでは

育毛剤選択のポイントを

こちらでは

育毛シャンプー選択のポイントを

まとめてありますので
ご参考にしてください。

=============================
抜け毛に対応!!育毛シャンプー
=============================

部分脱毛もストレスが原因?

円形脱毛の原因はアレルギー性であったり
ストレスであったりするわけです。

また白髪については遺伝的なものもあるでしょうし
加齢によるものも当然あるはずです。

特に部分的脱毛になると 
本当は病院にいってみるのがいいのだと思いますが、

風邪とかの普通の病気と違って
なかなか行きにくいこともあるでしょうし、

友人にも相談しにくいことだって
あるかもしれません。

こうなると家から出ることがますますいやになり
精神的なストレスを感じ、

逆に部分的脱毛が進行することもあるはずです。

ただストレスからきたものであるのなら
ストレスの種を取り除けばいいことになりますが
今の時代、なかなかそれも難しいのかもしれません。

それを育毛剤で補う

試してみることもひとつのチャレンジです。

========================
部分脱毛もストレスが原因?
========================

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ